2007年05月28日

守るために強くなる

先日、67歳の介護ヘルパーさんが94歳の利用者さん乗った車いすを押しているところを車にひかれて、ヘルパーさんは重症、利用者さんは亡くなるという事故がありました。

状況は詳しくわからないけど、多く責任がかかるのは車のドライバーでしょうが、介護事業所にも責任が問われることになるんでしょうね。

ヘルパーが高齢者というのも災いしたのかもしれないし。

亡くなった方も気の毒ですし、残されたヘルパーさんも辛いでしょう。

最近思うのはヘルパーという仕事において、死に直面することはあっても、自分が直接死の原因になることはほぼありません。

しかし、今後、私が”精神保健福祉士”となり、患者さんに接していったら・・・

もしかしたら自分の発言一つで死に追いやってしまうことだってありえる。

そう思うと少しの勉強もおろそかにできないなと身が引き締まります。

少しでも多くのことを吸収したい。

自分が最も興味深い分野だから、本を読みだせばあっという間に時間がたっちゃうくらい熱中できるし、次から次へと情報を探し出そうとしている。


そうした人の精神に触れる仕事はものすごく怖いけど、できる限り多くの知識や経験を身にまとい、そうした病に立ち向かう武器として、自分や患者さんを守る盾としていかれたらいなぁと思います。



posted by HANA at 10:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
頑張っとくれやす。
私はちょっと心の病の方としばらく身近で接し、
カウンセラーの資格を取って、
その上で、向いていないことに気付いたクチ( −−)。o
自分からヒトの中に入り込んでそれを見ようとする人間は、
まっとうな心理治療者にはなれないようで。
難しいね、ヒトを癒すというのは。
Posted by 遠矢 at 2007年06月01日 01:13
ミイラ取りがミイラになりかねないとも思う。

向いてるかどうか、できるかどうかわからないけど、とりあえずやってみる。

関心事を放置したままにしておけないだけ。

でも、勉強内容は興味深いことばかりだよ。
Posted by HANA at 2007年06月01日 16:34
やりたいと感じることは、やるべきことです。
それはきっと君を成長させる。

私は、優しく触れたつもりでもヒトの心を傷付けてしまうから。
なるべく平和に暮らせるよう、
携帯もロクに使うことも無い。
Posted by 遠矢 at 2007年06月02日 00:37
ありがとー

やってやるぅ〜〜〜
Posted by HANA at 2007年06月02日 08:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。